海外専用プリペイド キャッシュパスポート

電子マネーの種類

今現在、駅やバス、コンビニ、買い物センターでも頻繁に利用している方を見かけるようになった電子マネー。ICカードやおサイフケータイを精算時に決済端末へタッチし、支払いを完了させる決済処理方法(まずは想定しうる可能性をピックアップすることが肝心でしょう)。
通貨を使わず電子的に決済処理が行われる為、財布(古いものをずっと使っているのは金運的にはよくないそうですよ)を持たずかいものが出来て現金の盗難による被害回避や荷物の軽減など、安全性、利便性により需要が大幅に拡大しているのです。

・電子マネーの種類(まずはこれを把握することが第一歩となるでしょう)
ポストペイ型
後払い方式。クレジットカード(商品などの購入代金を後払いにできるシステムです)とほぼ同様の仕様。
(発行会社はクレジットカード(一時期、使いすぎによる破産などが社会問題になったこともありました)会社が多数)

プリペイド型
前払い方式。主にSuicaやPASMOなど。

プリペイド型電子マネーについては、既存の商品券(音楽ギフトカードや文具券などのように、流通を停止した商品券も少なくありません)みたいな感覚で低額購入でも気軽に使用できる点から、利用者拡大のスピード(急がね回れということわざにある通り、一見、早いように思えて実はそうでもないこともあります)は速く、日常のなかにも早い段階で受け入れられました。
そんな「受け入れやすさ」にポストペイ型後払い方式を扱うクレジット会社による電子マネーの参入が相次ぎ、電子マネーの普及はさらに拡大しているのです。
クレジット会社によれば、低額購入でのクレジット使用をしない顧客層のデータ入手に参入メリットがあるのでしょうか。
しかし、やはり現金でない、電子マネー。
ともすれば、「ついつい」、「うっかり」、買い過ぎてしまう傾向に存在しているのも事実でしょう。
決済端末のタッチの際に出る「ワンワン」や「チャリーン」などといったまるでゲームのような効果音も、お金を使ったという感覚を薄めているような気がします。
小銭を持たなくていいのは便利ですが、電子マネーを頻繁に使用していると、お財布(プレゼントの定番でもありますね。ただ、意外と好みがうるさいアイテムでもありますから注意が必要でしょう)を眺めて、「あといくらで何日がんばる」という「財布(古いものをずっと使っているのは金運的にはよくないそうですよ)の引き締め」があまり出来なくなってしまったかもしれません

 

サイトマップ

あいうえお経済